ホーム > 【企業法務と事業リスク】

企業・事業にかかわる業務と法律

企業法務には、大きく分けて、以下の5種類に分けられます。
  • 1.	一般企業法務(議事録の作成、役員の変動等)
  • 2.	資本関係の問題(株主の異動、営業譲渡、M&A等)
  • 3.	取引案件(契約書のレビュー、交渉等)
  • 従業員問題(人事問題)
  • 5.	訴訟・紛争・コンプライアンス(法令順守)

以下、私の経験・弁護士の役割も踏まえて、

ごく簡単に、ご説明いたします。

なお、各手続きに関する説明の詳細や弁護士費用は、

ご相談時にお話いたします。



取引案件・契約問題・債権回収

企業活動には取引が不可欠であり、

取引には契約書が不可欠です。


弁護士の役割⇒取引経緯や契約書をレビューし、

法的手段や、法律適合性及び、

依頼者様の利益を守る選択を提示します。

取引や交渉に対するアドバイスもいたします。




従業員・業務委託問題

事業活動を行う以上、

従業員や役員人事や

業務委託(アウトソーシング)問題は避けられません。


弁護士の役割⇒労働法や民法等に従い、

適法かつ御社の利益が最大になるよう助言を行います。

また、事前にトラブルにならないよう、助言いたします。




訴訟・紛争・コンプライアンス・ネット・IT問題

ケースバイケースですので、ご相談ください。

特に、訴訟案件・ネット/クラウド・誹謗中傷対策は

多数の相談があります。

 

一般企業法務

企業は、法律の定めに従い、

一定の期間内に、

法律の定める一定の手続きが要求されています。


弁護士の役割⇒議事録のレビューや、

役員変動等についてアドバイスいたします。






資本関係の問題

会社の設立、事業持分、株主の変動、事業譲渡など、

企業活動にはさまざまな資本関係の手続きが必要です。


弁護士の役割⇒法律に従い、

上記手続きが適法に行われているか、

アドバイスし、必要書類のドラフトを行います。