blog

2018年9月 7日 金曜日

会社が当事者の裁判

裁判の当事者は、大きく分けて 個人、法人、その他 になりますが、 通常の裁判においては、個人以外では会社間の取引または権利を巡る裁判が多くなります。 会社が当事者の場合は、必要書類も違いますし、金額や相手の数が多いことから弁護士がつくことが多いなど、個人が当事者となる裁判とはやや性質が異なってきます。 手続き自体は、法律上変わりませんが、 進行に大きな違いがあります。

投稿者 竹村総合法律事務所 | 記事URL

2018年8月16日 木曜日

会社関係訴訟

会社に関する訴訟については無数にあるが、 大きな特色は、 訴訟額が多額になること、裁判所の専門部による裁判も多いこと(専門性から)、当事者が法人であるため意思決定がしばしば複雑になること、 訴訟方針は事業決定であるため感情を排したドライな決定になりやすいことなどがあげられる。 個人を当事者とする訴訟よりも大規模になることも多いが、感情によって意思決定が左右される幅が小さいため、短期に終了することも多い。 ビジネスにかかわる訴訟も、スピード勝負である。

投稿者 竹村総合法律事務所 | 記事URL

2018年8月12日 日曜日

役員の責務と権限ー会社組織

会社の経営と監督を担い、会社の顔ともいうべき役員の責任と権限は多岐にわたるが、 大きく言えば、 業務の執行と、決定、及びその監督である。 それらの権限には当然責任が発生する。 特に認識すべきは、役員の責務が業務の執行や経営方針の決定だとばかり思われがちだが、法律の建付けでは、監督役も同等のレベルで求められている。 経営方針や、業務執行ばかりに目が行きがちであるが、他の役員の監督も重要な責務である。 従って、他の役員の違法行為や背信行為を見て見ぬふりはできないし、役員は連帯責任を負わされることがあるので、役員は監督責任についてもとりわけ留意すべきである。

投稿者 竹村総合法律事務所 | 記事URL

2018年7月12日 木曜日

知的財産の保護手段コスト・手段活用

多くの企業や個人事業者は、多かれ少なかれ、知的財産を含む無形資産を有している。 それが実際に換価できるかどうかはともかく、 それらを有効に活用することが事業成功の鍵の一つである。 まずは自身の無形資産を認識すること、 その後、その活用方法を模索すること、 侵害の恐れ、 保護の手段 資産保護にかかるコスト(金銭だけでなく、時間、手間も含む) を定期的に、網羅的に見直して確認することも重要である。

投稿者 竹村総合法律事務所 | 記事URL

2018年7月10日 火曜日

債権の回収いくつか

債権の回収にも、個別ケースに応じた適切な方策というものがある。 直接交渉、 代理人交渉、 差押え、 裁判。 そして強制執行。 契約書を公正証書にしておくことや、連帯保証人をつけてもらうことも、広い意味で債権回収の方策といえます。 さらに条件を満たせば、相殺や、経営権の譲渡なども時に有効な回収手段となりえます。 間違っても・・・ 現実社会では、追い込みや恐喝は無意味でしかありません。仮になにがしか回収できたとしても、報復や違法行為の代償は高くつく、と思います。

投稿者 竹村総合法律事務所 | 記事URL