blog

2013年3月 5日 火曜日

自社のコンテンツを守る

ネットビジネスだけでなく、


情報そのものに大きな価値と、それにともなう費用のかかる現在の経済取引では、


自社の持つ、あるいは取得したコンテンツ=著作物、ノウハウ、営業先も含む



をいかに守り、発展させていくかが



ビジネスにおいて成功するかどうかの




重要な局面となっている。



コンテンツを守るためには、



当然従来の知的財産法や、その一般法である不正競争防止法、



場合によっては、さらに独占禁止法なども視野に入れて法的に守らなければならない。



特に、ライセンス契約書や、秘密情報保持が極めて重要な契約書となっているので、



これらの契約書の整備が整っていない企業は、



どんなビジネスにせよ、大至急、契約書を含めた法的防御の側面を整えるべきである。

投稿者 竹村総合法律事務所