blog

2013年12月10日 火曜日

調停と代理人弁護士

結論から言えば、




付けたほうがいいに決まっているが、コストと見通しとの兼ね合いによる、




ということになる。





離婚調停等に限らず、調停は話し合いの場であることから、弁護士を必ずしもつけないケースもあるのであるが、




調停で解決できなければ次は裁判しかない。





調停で述べたことは、そのまま裁判記録になるわけではないが、





書面や資料などが相手に渡ればのちのちの裁判で不利になる。





そしてなにより、調停は公平な手続きとは言い難い。





弁護士がついていないほうが不当に説得される傾向が顕著にある。



投稿者 竹村総合法律事務所