blog

2014年8月30日 土曜日

債権回収の極意~ポイント

売買代金や、損害賠償金、和解金、貸付金をいかに回収するかは取引における重大な問題。



債権回収の場面では、さまざまな事情を考慮する必要があり、



債権回収は一つの専門的な分野を形成していると言っても過言ではない。



一般的に当てはまる事項を列挙するが、



ケースによってはポイントがどこにあるのかをよくよく見極めることが回収成功への近道となる。



1 自発的支払いの可能性

2 時効成立の有無

3 強制執行可能性=債務者の資力

4 債務者の立場と担保の有無

5 債権の性質

6 回収コストと債権額の比較

7 債権の資料と証拠の有無

8 回収手段の選択

9 債務者の性格

10 その他の事情


投稿者 竹村総合法律事務所