blog

2017年10月 5日 木曜日

契約書チェック


企業間のみならず、個人でも契約書のチェックが重要であることは言うまでもありません。

見落としがちな、チェックポイントは、

まず、
当事者、連帯保証人などの基本的事項、
裁判管轄、
解除事由、
他、終了に関する条項、
違約金の額、料率、
損害賠償に関する条項、

これらは、事業などがうまくいっていれば問題になりませんが、いざ事業を停止、終了するときに必ず、問題となってきます。

従って、契約金額など基本条件を確認するのは当然ですが、終了に関する部分は事前に、よくよく、確認する必要があります。




投稿者 竹村総合法律事務所