blog

2018年5月20日 日曜日

訴訟コストの内訳(さまざまな負担)

最終的に取引相手や不法行為者とさまざまな手段を経ても合意、和解に至らなかった場合、 そのまま放置になるか、 訴訟(裁判)で解決することになります。 ご想像のとおり、訴訟には、時間と労力と費用、(さらに精神的苦痛)がかかります。 従って、こちらから積極的に訴訟を提起する場合は、それなりに勝つ見込み(つまり、過去の有利な事情や解釈例)がないとなかなか踏み切れません。 この準備・検討を十分にしないまま、訴訟に踏み切ることは無為無策というほかありません。 例外として、訴訟で決着をつけることでしか気持ちの整理、納得がつかない場合は、訴訟提起をすることとなります。

投稿者 竹村総合法律事務所