blog

2018年7月10日 火曜日

債権の回収いくつか

債権の回収にも、個別ケースに応じた適切な方策というものがある。 直接交渉、 代理人交渉、 差押え、 裁判。 そして強制執行。 契約書を公正証書にしておくことや、連帯保証人をつけてもらうことも、広い意味で債権回収の方策といえます。 さらに条件を満たせば、相殺や、経営権の譲渡なども時に有効な回収手段となりえます。 間違っても・・・ 現実社会では、追い込みや恐喝は無意味でしかありません。仮になにがしか回収できたとしても、報復や違法行為の代償は高くつく、と思います。

投稿者 竹村総合法律事務所