blog

2018年9月 7日 金曜日

会社が当事者の裁判

裁判の当事者は、大きく分けて 個人、法人、その他 になりますが、 通常の裁判においては、個人以外では会社間の取引または権利を巡る裁判が多くなります。 会社が当事者の場合は、必要書類も違いますし、金額や相手の数が多いことから弁護士がつくことが多いなど、個人が当事者となる裁判とはやや性質が異なってきます。 手続き自体は、法律上変わりませんが、 進行に大きな違いがあります。

投稿者 竹村総合法律事務所