blog

2019年10月 9日 水曜日

海外タレントの渡航費コスト

メジャーリーグの大谷選手やダルビッシュ選手をはじめ、多様な分野で活躍するスポーツ選手やタレントは多くの国を行き来している。

その渡航費は莫大な金額になり、経費として計上できるにせよ、会社負担でないことも多い。

常時一線級の売れっ子選手やタレントでなければ、渡航コストをどれだけ削れるかが重要な課題となっている。

たとえば、
欧米に限った話で言えば、LCCや航空会社の間で、パスポートや割引プラン(日本でいう通勤定期券のイメージ)などを利用して渡航費減額の努力をしている。

もちろん、渡航費を削りすぎてパフォーマンスに影響が出たり、安全面で憂慮される事態が起きないよう、マネジメントサイドは特に注意を払う必要があるのは当然だ。

これら渡航に保険でカバーしておくのは、通常の個人旅行と変わらない用心である。

弁護士竹村公利



投稿者 竹村総合法律事務所