ホーム > 【契約書作成・チェック】

契約書作成・チェック

【契約書の作成・チェック】 費用と弁護士の役割

業務内容

事業全般において必要とされる、

各種契約書の作成及びチェック業務を、

弁護士により集中的に対応しております。



具体的には:

・すでにある契約書の法的チェックやコメント


・これから締結する契約書の法的チェック


・新規取引の契約書の作成


・取引への契約作成のアドバイス


・事業全般の契約面でのアドバイス


を行います。



弁護士の役割

1 弁護士が契約書をチェック・作成することで、

将来の法的事業リスクを最小限とすることができます。


また、事前に事業リスクを知ることができ、

法的な損害をできるだけ防ぐことができます。



厳密に言えば、必要な契約書は多岐にわたります。

秘密保持契約書や会社設立から、

それらの過程における独占的交渉権契約、

売買契約、役員に関する契約、従業員に関する契約、

さらに賃貸物件に関する契約を作成します。

これらの契約をもとに、

事業が開始され、展開・継続されていきます。

場合によっては、譲渡され、新たな事業となります。



2 具体的には、取引に応じて、

ご希望の条件や入れたい合意などをうかがい、

契約書に反映したり、

既存の契約書に法的な問題がないかを

定期的にチェックいたします。



3 ご相談に応じて、

契約に付随するお取引などのレビュー、法的チェックも、

適宜、コメントさせていただきます。

今後の事業展開とリスク管理、

コンプライアンスの順守にお役立てください。



弁護士費用は、

事業規模や契約書の量により、

概ね【10万円】からとなり、

【ページまたは作業時間単位】に応じた費用になります。

必ず、事前にお見積りをいたします。


 
4 さらに、【経営相談・事業承継・新規事業の展開】

へも力を入れています。

経営相談や、起業・事業の設立、

事業譲渡などの法的手続きをサポートいたします。


これら手続きは、

通常とは異なる手続きや届け出が必要なものですから、

弁護士のサポートが不可欠です。

また、経営相談といっても、その手法は様々です。


弊所では、

事業のスタートアップから、

経営再建、経営の譲渡等、事業全般について、

専門的に対応してます。


また、海外から日本企業を買収したい、

あるいは、逆に、日本企業が海外企業を買い取りたい、

といったご要望にも各国提携事務所を通じ、

お応えする事が可能です。


ただし、新型コロナウィルス感染症の関係もあり、

現在、海外取引が難しい場合もあります。

経営相談・事業の承継などの問題について、

ご相談時にお見積りを提示いたします。




弁護士費用

1 費用は事業規模や契約書の量によりますが、

概ね【10万円から】となり、

【ページ単位または作業時間単位】

とさせていただいております。


必ず、事前にお見積りをいたします。



2 また、事業に応じて、ご予算に応じて対応します。

顧問先・顧問契約の場合は、

契約チェック・作成費用が割安となりますので、

ご相談ください。


代表弁護士 竹村公利