ホーム > 【顧問弁護士のメリット】

顧問弁護士契約のメリット

顧問弁護士契約の三つのメリット
  • 社内で対応するよりも結果的に、コストを抑えられる、

    大きな訴訟や紛争処理などを頼む場合でも割引になる


  • いつでも相談でき、気軽に質問できる。

    結果として、紛争を未然に防げる。


  • いざ裁判になったときに十分な準備が出来ているので

    あわてる必要がない。

顧問弁護士あり?なし?

私は先輩経営者の紹介で竹村先生にお会いしたのですが、あらかじめ顧問弁護士になっていただいたおかげで、突然、裁判所から書類が届いても、動ずることなく、すぐに竹村先生に任せて迅速に解決できました。もし、顧問がいなかったと思うと、いまでも寒気がします。

私はIT企業のオーナーをしておりますが、弁護士の顧問契約は結んでおらず、困った時に相談する先生を決めています。
しかしこれだと、毎回会社の業態や取引の説明をしなければならず。
業界を理解してくれる弁護士の方でないと、時間の無駄です。特に、依頼してもすぐには動いてくれません。
また、単発の依頼の方は費用がかさみますので、フットワークの軽い、顧問弁護士を探しています。

いつも顧問弁護士がいること=事業の安定性と安心

弁護士をすぐに頼める、相談できることの安心。


気軽にいつでも、何でも相談できる。

法律問題かどうかすらわからないことも多いのです。



顧問弁護士表示により相手と対等に取引がしやすい。


クラウド・ネット問題、誹謗中傷にも迅速対応できます。


通常の依頼時よりも割引がされます。



最後に・・

当事務所の紹介>>