ホーム > よくある相談内容と解決アドバイス

質問一覧

契約書のチェック・債権回収
芸能界トラブル
訴訟・紛争対応
不動産取引
M&A、企業買収
労働・人事問題

竹村総合法律事務所の答え

契約書のチェック・債権回収

契約書のチェック・債権回収

取引の概要・目的、契約当事者の情報や意向、特に入れたい条項です。多くの企業では、類似の取引をしているため、契約書を使いまわすことも多いですが、厳密にいえば、取引は相手ごとに多様なものであり、よほどの大企業でもない限り、契約はその都度、目的や相手に応じて変えなければいけません。

ページの上へ戻る
芸能界トラブル

契約時に書面による契約を行わず、面接だけで登録しています。タレントが他の事務所に移籍したいと言っているのですが、どうしたらよいでしょうか?

口頭であっても在籍契約は契約です。もっとも、極めて長期の契約期間や、一方的に事務所に有利な契約は無効となってしまいます。しかし、お互いに契約を争うとなると、クライアントにも迷惑がかかりますし、できるだけ話合いで円満に解決することを基本としましょう。

ページの上へ戻る
訴訟・紛争対応

お客様からクレームが来ました。どう対応したらよいでしょうか。

いわゆるクレーム対応の問題です。クレーム対応も重要なビジネス局面の一つですから、安易な対応は避け、慎重に対応しないといけません。ネットの発達した現代では、消費者クレームと言っても、企業にとって致命傷となりかねません。
この点、費用の問題はありますが、弁護士を代理人として処理する企業が増えています。弁護士を代理人として処理することにより、裁判リスクを減らし、無用な名声ダメージを避けることができます。

ページの上へ戻る
不動産取引

古い所有ビルを取り壊して建て替えたいが、テナントが出て行ってくれません。どうしたらよいでしょうか?

日本では、借地借家法により、賃借人の権利が守られています。相続税対策や、老朽化、あるいは年老いた両親のために、建て替えの需要もまたあります。話合いで立ち退きができなければ、明け渡しの訴訟を提起することになります。明け渡し訴訟は、訴訟の中でも高度に専門的な分野であり、立ち退き料や、借地権、営業権をめぐり、判例と法律の知識が必要になります。

ページの上へ戻る
M&A、企業買収

企業を買い取りたいが、方法もわからないし、弁護士費用も不安です。

キャッシュフローに余裕のある企業様は、有望な企業を買収することである意味「時間」を買い、相乗効果とともに成長することができます。企業買収の方法としては、株式譲渡が最も多く、手軽な手法ですが、場合により、営業譲渡や吸収合併もありえます。高度に専門的な分野ですので、弁護士、中でもM&Aに精通した企業弁護士が不可欠です。弁護士費用は、基本的に時間制ですが、あらかじめ予算を組むことで、弁護士費用の不安は解消されると思います。

ページの上へ戻る
労働・人事問題

会社を辞めた方から、高額な残業代を突然、請求されました。支払う必要はありますか?

残業代=給料債権の消滅時効は2年とされています。従って、残業代が未払いの場合、2年間は請求される可能性があるということになります。もっとも、なんでもかんでも残業として認められるわけではありません。従って、正当な請求であれば応じる必要がありますが、まずはその方の残業の有無を確認する必要があるでしょう。このような事態にならないためにも、普段から労務時間管理をきちんと行っておく必要があります。

ページの上へ戻る