ホーム > 不動産取引

不動産取引

業務内容

不動産取引に弁護士は不可欠です。建物の建築、新規取引、売買、それらにあたり、入居者とのやりとり、明け渡し問題、残置物の処理、設備をめぐるクレーム、近隣問題、賃料問題、保証人などトラブルは絶えません。

弁護士の役割

これらトラブルに、仲裁として入る場合もありますし、不動産業者、大家さんの立場から、内容証明郵便をもってクレームに回答し、紛争に至る事を未然に防ぎます。裁判になれば、裁判代理を通じて、不動産ビジネスを促進させます。
特に、明け渡し訴訟は極めて特殊な分野です。高度の専門性が必要な訴訟です。
弁護士ならだれでもできるわけではありません。

弁護士費用

不動産規模に応じて、決まりますが、一般的に、交渉レベルでしたら10万円程度です。