ホーム > 訴訟・紛争対応

訴訟・紛争対応

業務内容

裁判は、弁護士の力の見せ所です。もちろん、裁判に至らずに解決できればベストです。
しかし、不幸にも裁判に至ってしまった場合は、弊所にお任せ下さい。弊所は、裁判には特に力を入れております。
弁護士の力の根源は裁判代理にあります。一口に訴訟といっても、様々な段階がございます。

  • 仮処分―保全の段階
  • 調停やあっせん
  • 通常訴訟、少額訴訟
  • 強制執行
弁護士の役割

1仮処分では迅速に相手の資産を差し押さえ、債権回収や和解を有利に進めます。

2調停やあっせんでは、話合いの解決をベースとし、有利な合意が得られるよう、さまざまな書面を作成・提出し、主張を展開いたします。

3通常訴訟では、弁護士が出席し、相手方代理人とやりとりをし、裁判官と方針を打ち合わせます。平行して、こちらの主張の書面を作成し、証拠を揃えます。
証拠は慎重に吟味し、さらに必要な証拠があれば、依頼者様にご用意していただきます。
このように、すべて、弊所の指導のもと、勝訴または有利な判決を得るべく、全力でサポートいたします。
なお、なかには、当事者と一緒になって感情的になる弁護士もまま見受けられます。こういった代理人は、後でかならず損をします。弊所は、冷徹にこうした代理人を観察し、最善の策を粛々と取ってゆきます。

4最後の強制執行にあたっては、どの資産に執行をかけるのか、費用面も含め、最大限回収出来るよう、検討することとなります。

弁護士費用

全部で最低でも40万円はかかってしまうのが裁判代理の費用です。また、ケースによって難易度が違いますし、債権の取り立てが絡む場合は、20%いただきます。ご相談ください。紛争解決とセットの場合は、タイムチャージ(時間制)でご依頼いただく場合もございます。